スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食虫植物一覧

Dionaea Muscipula
ディオナエア1種6鉢。一つは職場近所の花屋で購入し、一つは〇谷東急ハン ズの近くの「桃や」という店で購入しました。2つ目はカクタス長田出身のようです。両方 とも地を這うタイプです。
鉢が小さいようだったので、大きい鉢に植え替えました。その際に、最初に購入した方は、実は1鉢に3株あり、それを1株、2株(こちらは2~3月上旬 に株分けする予定です。楽しみです)に分けて鉢植えにしています。
2009年9月:5鉢に増加。枯れた部分を取ろうといじっていたら株分けになってしまった。新しい2鉢は職場の栽培所に所属
2009年11月:全てが職場の屋上にて腰水にて栽培される。大小合わせて6鉢になる。
2010年1月17日:実家の北向きに腰水でいる。寒い日の朝は、ミズゴケが凍っている。週二回の水換えはするようにしている。
横には、ジーナが腰水の外にいる。
2010年2月24日 :全員、2時間だけ陽が当たる場所へ。 水遣りは週二回。
2010年4月18日 :10株になる。
2010年8月31日:1株、姉のところに出したが日当たりが悪くそこのは調子が悪いようだったが生きている。
家に残った連中は、生き残り元気だ。腰水組と手潅水組がある。毎日水遣りはする。


Dionaea Muscipula Bristle tooth
2010年2月20日@大谷園芸から分譲
池袋サンシャインシティー クリスマスローズ 展にて
今年の4月中旬ぐらいまで、暖かい場所で。
その後は、お外で他の連中と同じ通年お外で。
2010年4月18日寒い日がこれからも来るかもしれないが、北向きの手潅水へ移動する。
2010年5月25日:花芽が出てくるが、葉の展開がない。体調が悪そう。
2010年8月31日:体調が悪いまま、小さくいじけている。腰水。


Dionaea Muscipula red dragon(akairyu)
Dionaea Muscipula ピンクビーナス
2010年3月17日ヨシダさんか分譲 赤い龍@1 ピンクビーナス@2
2010年4月5日ミズゴケ交換
2010年4月18日腰水から手潅水にする。
ピンクビーナスは、株分けをして3つになる。
2010年5月25日:ピンクビーナスに花芽が上がる。
2010年8月31日:体調は良いが、日照時間が短いせいか、赤みが整わない。


ディオネア@ビックマウス
2010年5月16日@浜田山集会
花茎が上がっているけど、どうしよう・・・
環境が整ってしっかり育てられれば問題ないという話もあるし、切り落とした方が体力の消耗が少ないので安全という話もある。
うちは育つ環境なのか、聞いてみるわけにもいかない。
1年過ごせれば・・・
2010年8月31日:半日陰から2時間日照地へ移動する。日照時間が短いせいか、普通以下のサイズになってしまった。

ウトリクラリア(ミミカキグサ):購入は東急本店屋上と前出「桃や」ですが、 両方ともカクタス長田出身のようです。
一種はいわゆる普通のミミカキグサ(詳しく種類に関する名前がなくミミカキグサとしか書いていない)
→サンダーソニー
11月現在、サンダーソニー(白)5鉢
2010年1月17日:カリキフィダは、消失の可能性があるのが2鉢。春になって みないと分からない。全滅の可能性もある。
週二回の冠水か水換えをできるだけする。
2010年5月25日:カリキフィダは消滅
2010年8月31日:サンダーソニーは何とか生き残り、花が咲きそう。
2011年1月:イトバモウセンゴケ(D.filiformis)と同居。

モウセンゴケ Drosera rotundifolia
2009年10月17日@川崎幸区のお祭りで狂さんから2鉢購入分譲していただく。
今のところ疲れているのか、成長をしている雰囲気は無い。
生ミズゴケで栽培してあったので、1鉢は5号鉢にミズゴケをさらに巻いて栽培。こちらは腰水にせずに栽培。
1鉢はそのままで栽培。こちらは腰水にて栽培。
2009年11月:2鉢ともミズゴケで植えつける。
職場で1鉢、自宅で1鉢。
自宅は、北向きだが1日数時間陽が当たる場所においてみる。浅い腰水をし、腰水の 中の水がなくなると何故かハーブと一緒に潅水する。2,3日に一回は水をやる。
職場のは、ピンギジーナと同じ軒下で生育。
2010年1月17日:1鉢は実家の壁の上で腰水。1鉢は職場の屋上で腰水。
2010年4月18日:2鉢とも実家の壁の上で腰水。
2010年5月25日:一鉢だけミズゴケを交換。
2010年8月31日:3鉢になる。日照時間が長いほうは暑がっているのか、そろそろ枯れるかもしれない。

イトバモウセンゴケ(D.filiformis)
2010年4月18日@川崎大師公園@大谷園芸より分譲
実家の2階の腰水フロアで腰水で育てる。
2010年7月:追加で五反田のお店で買ったのは、枯れる。
2010年8月28日:武蔵小山東京花いちばで追加。
2010年8月31日:実家のは元気に育つ。まっすぐ伸びないのは、切って他の鉢に伏せておいたら、増殖した。4鉢。

http://blogs.yahoo.co.jp/jj1kxl/1047501.html
スコルピオイデス@4
オキシデンタリスxプルチェラ@3
ディクロセパラ@2
ラシアンサ@1
ステリフロラ@2
ピクノブラスタ@1
エキノブラスタス@2
リューコブラスタ・ジャイアントフォーム@1
クロステロスティグマ・モグンバフォーム@1
2010年12月~2011年1月、やよまる産


Pinguicula agnata
2009年10月17日@川崎幸区のお祭りで狂さんから一鉢購入分譲していただく 。
Ginaに比べると葉が長く、ベロ~ンって感じ。
2009年11月:職場の室内で生育中。
1時間ぐらい陽があたる場所。
ニチニチソウや下記の105円ネペンと同居する。
乾燥気味に育てるので、ニチニチソウグループに所属。
いまいちどうやって育てていいのか分からない。
ジーナのように寒さに強いのかどうかすらよく分からないが、葉が展開するのでよしとしている。
2010年1月17日:職場の室内で栽培をする。冬芽を形成する。
2010年2月24日:冬芽が解けて、展開中。
2010年4月18日:Pinguicula esseriana と同様に、昼間は乾燥を心がけ、夜は蓋をして湿度を高める。外した葉から一つだけ発芽した。
2010年5月25日:後のほうが風で飛び旅立つ。
2010年8月31日:体調は良いが、いろいろあって家の北向きの玄関に移動。

Pinguicula primuriflora 'rose'
ピンギキュラ プリムリフロラ 'ローズ'

2010年4月18日@川崎大師公園@大谷園芸より分譲1株
2010年04月21日@武蔵小山 フラワーショップ パートナー。4株。パセリと一緒に腰水。
2010年8月31日:武蔵小山 フラワーショップ パートナーからの子苗は他のミズゴケの鉢で育てる。本体は3株腐る。1株だけミズゴケへ。

Pinguicula primuriflora
ピンギキュラ プリムリフロラ
2010年無料で頂く。
静岡県産

P.x Sethos(shlersiae x moranensis)
2011年2月@浜田山にて分譲していただく。

2010年12月@浜田山
ピンギ ギガンテア
ピンギ プリムリフロラ
ピンギ シクロセクタ
ムシトリスミレ

ネペンテス アラタ1鉢:前出「桃や」で購入。カクタス長田出身です。
捕虫袋は、管理が悪く腐ってしまったので、切り落としました。 買ったときから大きいので、見た目のバランスが悪かったので挿し木に挑戦で挿し木は失敗。
2009年9月現在では、2つの捕虫袋が蓋をあけて成長中。自宅にて栽培中
2009年11月:かなりの勢いで補虫袋を展開する。6個近く蓋が開いたまま維持できている。
室内で18時間くらい水槽用蛍光灯の光を浴びている。
タイマー制御。
1日2回の葉水。
温度と光の反射量を少しでも増やす為に、100円ショップで購入したレジャーシートで2枚で挟む。
上部を洗濯ばさみで押さえる。
7号ぐらいの鉢受けの上に鎮座。
葉水をするときに、鉢受けも少し濡らす気持ちで行う。
2010年1月17日:元気に壷をつける。古いのは枯れ始めてきた。
2010年2月24日:下の葉が枯れてしまった。が、10センチ長の壷をつける。
2010年4月17日:ミズゴケ交換
2010年5月25日:自分の丈よりも大きな壷をつける。
2010年8月31日:脇芽も絶好調です。


ネペンテス レッドアラタ1鉢:2009年9月神保町の植物図館にて発見。カクタス長田出身です。今年の成長はあまり期待できないので何とか越冬をしてもらって来年頑張 ってもらう。・・・自宅にて栽培中。
2009年11月:上記アラタと同居。
元々付いていた補虫袋を全て切り落とし、風通しが良くなったせいか、上記のアラタ よりも大きな袋をつけた。
現在袋は1つだけ。
2010年1月17日:袋は枯れたが、次の壷の準備をしている最中。
2010年2月24日:成長は遅いが、展開はしている。
2010年5月25日:壷を付けるが大きくはならない。蛍光灯正面の方が大きくなるのかな。
2010年8月31日:上記のアラタに比べるとちょっと体調が悪い。壷はつけているが大きさがいまいちである。


ネ、ビカルカラタ × アンプラリア
参考URL:
http://www.dab.hi-ho.ne.jp/jips/me...
JIPS 食虫植物 ホームページ 50万アクセス、
JIPS 「食虫植物 データベース」 30万アクセス達成記念プレゼントで、当選した。
2009年8月4日に到着かな。
苗の状態で到着をしたので、現在根がしっかり生えるまでじっくり育てる。
水遣りは、朝と夕方の霧吹き。
ミズゴケが乾いたら、ジャブジャブ水遣りをする。
下の器の水がなくなったら(2,3日でなくなる)補給を忘れない。
現在物干しにて吊るし中。
簡易温室というか、ビニール袋を上下割いたのに入れているが空中湿度が保てているのか謎
吊るしながらペットボトル温室にするか検討の余地あり。
2壷あったが、1壷は枯れてしまった。
現在1壷で頑張っている。
といっても、虫が取れるとは思えない。
2009年9月現在:2個目も枯れる。環境が合わないのか育たない。他のネペンテスは、育つのにこいつは育たない。なんだろうか?
2009年11月:1階のお風呂でN. rafflesianaと同居。
夜は、お風呂を焚く為、湿度と気温が高めになる。
昼間は、乾燥気味になるようにドアを開けておく。
気温は下がるが、何とかなっておるのでいいだろう。
若干、成長が見られる。
葉が一枚枯れる。
2010年1月17日
葉が展開をするも、茶色く傷んでいるので、壷ができない。
お風呂場でもダメ。
カクタス出身のネペンたちと同居中も調子が悪い。
場所が見つからない。
2010年2月24日:マンション住まいを始めて、若干展開するが長続きしない。
2010年5月25日:成長が遅すぎる。環境が合わないらしい。
2010年8月31日:高温度高湿度ができないらしく、あまり成長が見られないが、小さな壷はつけている。


N. rafflesiana (ネペンテス ラフレシアナ)
2008年8月29日 神代植物公園内にて購入 もとは大谷園芸より
ほとんど赤褐色 うす緑の斑点が少し
3つの捕虫袋があったが、一個は完全に枯れたので切り落とす。1つは穴が開いているが何とか。1つはきれいに残っている。新しく袋が出来始めている。
2009年11月24日:上記の新しく出来た袋の蓋がついに開く。一つの袋が開くまでに3ヶ月を要した。
2010年1月17日お風呂場で生息。袋が枯れた。
2010年2月24日:マンション住まいを始めて、若干展開するが長続きしない。
2010年5月25日:成長が遅すぎる。環境が合わないらしい。
2010年8月31日:天頂芽が壊れて、葉の脇芽から新たに展開中。


ヒョウタンウツボカズラ:1種類3鉢→2鉢
2009年9月28日
武蔵小山 フラワーショップ パートナーにて105円で購入したウツボちゃん。
値段も店舗により様々でしたが、600~1000円ぐらいでしょうか。
1000円は言い過ぎかな。
かなりの品種改良をされているのか、成長が早いです。
2009年11月現在:とりあえず袋はつかないが、葉は成長している。
2010年1月:セラミス以外の2鉢は、実家のお風呂に生息。袋はない。
2010年4月18日:セラミスと乾燥ミズゴケ+ミリオンは、ベラボン+パーライト+鹿沼(小粒)で植える。
ミズゴケだけのは、枯れる。
大きい方が耐寒性があるようだ。
植え込みの実験は中止。
2010年5月25日:実家のテレビの横にいる。一番大きいのは壷を二つ付けてくれた。
2010年8月31日:大きくなったので、挿し木をする。もう一つは、天頂芽が壊れて、根本からの脇芽と天頂芽の下からの脇目で頑張っている。日焼けで葉がボロボロになる部分とならない部分がある。よく分からない。

2010年3月24日
1月にJIPSさんに注文をしていた福袋B(5000円を払って1万円相当)が到着

N.boschiana X densiflora ネ、ボッシアナ X デンシフロラ
新葉は赤色で、魅力的な赤い袋をつけます。冷涼多湿を好みます。
2010年8月31日:新葉が枯れたけど(霧吹きのやりすぎ?)、枯れずに元気。家の中で時に冷房と扇風機で冷やす。

N.alata ネ、アラタ 低地性でN.alataと思われますが、未記載の新種かもしれません。高温多湿。
2010年8月31日:元気だが、やはりカクタス出身のアラタに比べると成長がいまいちだな。

N.ampullaria green
ネ、アンプラリア グリーン
袋が緑色のアンプラリア。高温多湿を好みます。
2010年8月31日:100円ショップのパンケースの中で、鉢がミズゴケの中にいる状態。成長が遅いし壷はつけていない。

N.bicalcarata orange
ネ、ビカルカラタ オレンジ
ふたの下に2本の牙が生えている人気のネペンテス。特に高温多湿を好みます
2010年8月31日:ネ、アンプラリア グリーンと同じ環境、小さいながらも壷はつけている。

N.madagascariensis
ネ、マダガスカリエンシス
マダガスカル産の、世界で初めて発見されたネペンテスです。
高温多湿を好みます
2010年8月31日:ミズゴケに鉢が埋もれている。小さいながらも壷はつけている。

N.maxima
ネ、マキシマ
美しく大きな襟を持つ袋をつけます。夏涼しく裁培
2010年8月31日:枯れずに元気。家の中で時に冷房と扇風機で冷やす。

N.sanguinea
ネ、サンギネア
典型的なものでは、袋の色は美しい深紅色になります。
涼しい環境を好みます
2010年8月31日:新葉が枯れたけど(霧吹きのやりすぎ?)、枯れずに元気。家の中で時に冷房と扇風機で冷やす。

N.tomoriana
ネ、トモリアナ
栽培下では稀少ですが、簡単に育てられます。成長すると袋はほとんど茶色になります。高温多湿を好みます
2010年8月31日:ミズゴケに鉢が埋もれている。小さいながらも壷はつけている。

N. Dyeriana
ダイエリアナ
2010年8月28日@大谷園芸さんから分譲していただく。@\800

N.?
2010年8月28日@大谷園芸さんから分譲していただく。@\2500円

ネ、アラタ?
2010年8月?日@渋谷園芸 謎のネペンを購入。素焼き鉢にミズゴケ。


サラセニア ドラモンディ@2
Sarracenia drummondii
2010年7月?:武蔵小山 東京花いちば‎
http://mkt24.blog.ocn.ne.jp/weblog/2007/04/__29e7.html
ドラモンディはレウコフィラのシノニム

サラセニア プルプレア
Sarracenia purpurea
2010年7月?:会社近所の花屋。赤色が入る
2010年8月27日:武蔵小山 東京花いちば‎@緑一色

サラセニア プシタシナ
Sarracenia sittacina
2010年4月18日@川崎大師公園@大谷園芸より分譲

サラセニア プシタシナ オランダ系×3
Sarracenia sittacina
2011年2月20日@浜田山にて

サラセニア フラバ レッド × アラタ レッド
S.flava f.red tube × alata f.red throat
2010年9月20日@板橋熱帯植物園にて
2011年2月:2鉢に増加

サラセニア 京鹿の子
Sarracenia 'Kyokanoko'。
2010年冬?
スポンサーサイト

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

東京のクマ

Author:東京のクマ
今のところ東京在住・・・

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。