FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不明児童は都市集中 大阪153人 家族ごと失踪、DV、借金…

何を持って幸せかはわからない。

引用URL:
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/120414/waf12041413240016-n1.htm


不明児童は都市集中 大阪153人 家族ごと失踪、DV、借金…
2012.4.14 13:23 [westナビ]

 大阪府富田林市で男児(9)の行方が分からなくなっている問題にからみ、全国で所在が確認されていない児童や生徒が1191人(昨年5月時点)にのぼることが、文部科学省への取材で分かった。大都市を抱える都府県に集中しており、多くは、富田林市の男児と同じく安否が確認できず、有効な手立てもないという深刻な問題になっている。

 文科省によると、小中学校に通う児童や生徒は就学する際、住民票を基に学齢簿に情報が記載される。このうち、1年以上所在不明の児童らは「居所不明児童・生徒」に分類される。全国1191人のうち大阪は153人で、愛知(272人)、東京(200人)に次いで3番目に多い。

所在不明の理由は、借金のため家族ごと失踪した▽母親らがドメスティックバイオレンス(DV)の被害を受け、住民票を残したまま一緒に逃げる▽虐待を受けている-などが考えられるという。後で消息が分かれば理由も判明するが、富田林市の男児のように理由も分からず、安否も不明になったままの場合もあるという。

 67人の居所不明児童・生徒がいる大阪市では、国際結婚した一家が転出届を出さないまま海外へ出国しているケースが多いとされる。この場合は出国したことは確認できるが、そのほかは、他の自治体と同じように居所不明の理由が判然としていないという。

 児童らの所在は原則、市町村教委が確認作業を行うが、23年に高齢者の所在不明が社会問題となったことに関連し、児童らでも各自治体のずさんな調査実態が発覚。文科省が同年4月、市町村教委に是正するよう指示した結果、22年に326人だった数は23年には3・6倍に増加。合わせて文科省は市町村教委に対し、民生委員や児童相談所と連携し、継続して児童らを探すよう通知を出した。


 富田林市の問題では、家庭訪問を複数回行っても親族と接触できず、男児の安否を一度も確認しないまま所在不明扱いとしており、同市は「もう一歩突っ込んだ形で消息を確認すべきだった」と対応の誤りを認めている。

 大阪市教委の担当者は「大阪では虐待死が相次いだこともあり、児童らの安否は面会して直接確認するよう強く指導している。ただ、教委の権限では捜索願を出すなどもできず、できることには限界がある」と話している。

スポンサーサイト

テーマ : ニュース・社会
ジャンル : ニュース

コメント

非公開コメント

プロフィール

東京のクマ

Author:東京のクマ
今のところ東京在住・・・

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。